日本にほん は、 くるま 道路どうろひだり がわ はしります

在日本,車子靠左行駛。


そして歩道ほどうない 道路どうろ は、 ひと 原則げんそく として みぎ がわ とお ように 法律ほうりつ められ ています

原則上,在沒有人行道的路上人應該靠右邊走,日本法律上有這樣的規定。


それはある ている とき うし から くるま より まえ からくるま のほうが づき やすい からです。

是因為人在走路的時候,前面的來車比後面的車更容易讓人看到。


くるま ひだりひと みぎ 幼稚園ようちえん 小学校しょうがっこうころ から おしえられ ています

「車靠左,人靠右」,日本人從幼稚園或國小就開始學習這個規則。


ところが大学だいがく 教授きょうじゅ 渡辺わたなべさん によるとひと大勢おおぜい あつまる 自然しぜん ひだり がわ とお 性質せいしつある そうです

但是,大學的渡邊先生說大量的人聚在一起的時候,人好像有自然地靠左邊走的特質。