日本人にほんじん砂糖さとう消費量しょうひりょう つづ ています。

最近日本人的砂糖消費量一直在減少。


日本人にほんじん 一人ひとりいち年間ねんかん 消費しょうひする 砂糖さとうりょうは、 2005にせんごねん 17じゅうななキログラムkg なりました

在2005年這一年中,每個日本人的平均砂糖消費量減少到17公斤。


日本にほん は、 第二次だいにじ世界せかい大戦たいせんわった 直後ちょくごは、 食糧しょくりょう不足ふそく ていて砂糖さとう消費量しょうひりょう 最低さいてい でした。

日本第二次世界大戰結束後因為糧食不足所以砂糖的消費量是最少的。


しかし1952せんきゅうひゃくごじゅうにねん ごろ から 砂糖さとう消費量しょうひりょうどんどん ていきました

但是在1952年左右,砂糖的消費量開始增加。


消費量しょうひりょう一番いちばん おおかった 1973せんきゅうひゃくななじゅうさんねん 1いち年間ねんかん 29にじゅうきゅうキロkg 使つかわれ ていました

在1973年,砂糖消費量是最多的一年,一年中平均每人消費29公斤。


一般いっぱんくにゆたかに なる ほど 砂糖さとう消費量しょうひりょうびる とされています

普遍認為,國家越進步砂糖消費量越多。