「これは どうも おかしい こんな よる おそうつくしい わか むすめやまなか 1人ひとり たび ている とはもしかすると、これは やまたぬき かもしれない。」

“這樣很奇怪。怎麼這麼晚,還有這麼漂亮的姑娘一個人在旅行著。這位姑娘可能是山裡的狸貓。”


そこでおじいさんむすめ きました

因此,爺爺問姑娘。


むすめさん、この なか 一番いちばん こわ ものなん?」

“姑娘,妳這世界上最害怕的東西是什麼?"


するとむすめは「 わたしは、 煙草たばこ ほど こわ ものはありません こたえました

於是姑娘回答“我覺得沒有什麼東西比煙草更可怕了”。


やはりこの むすめは、 たぬき ちがいない

爺爺想“果然沒錯,這位姑娘一定是狸貓“。


今度こんどむすめが「 おじいさん一番いちばん こわ ものなん でございますか」 いた のでおじいさんあたまはたらかせてこう こたえました

這次姑娘問爺爺:“爺爺,您最害怕的東西是什麼呢?“,而爺爺動了腦筋這樣回答。


そうだなあわし小判こばん一番いちばん こわ なあさてもうすこ まき って よう。」

“嗯,我覺得金幣是最可怕的東西了。對了,我要去拿些木柴。”


おじいさんは、 にわ から 煙草たばこ たくさん って 囲炉裏いろり そと から てしまいました

爺爺從院子拿來一堆煙草葉,把它放在地爐裡之後從外面把門鎖上了。