むかしむかしやまなか一軒家いっけんや おじいさん1人ひとり でおりました

很久很久以前,有一位爺爺一個人住在山上的房子。


ゆき さむ ばんことです。

下著雪的寒冷的夜晚。


「おお、 さむさむ囲炉裏いろり やす まきもう こんなに すくなく なっ てしまった

爺爺心想“啊,好冷,好冷。放入地爐的木柴已經變這麼少”。


おじいさんが、 まき そと ようとするとわか おんなこえこえました

爺爺正要到外面取些木柴時,突然聽到年輕女生的聲音。


ごめんくださいみち まよ てしまいましたさむくて さむくて たまりませんどうかなか てください

女生說“不好意思。我現在迷路了。而且冷得快要受不了。請讓我進去"。


おじいさん ける むすめ1人ひとり さむ そうに ておりました

爺爺一開門就看到有一位姑娘站在門邊, 而且看起來很冷的樣子。


おじいさんこたえる なく、その むすめするりと いえなか はいって囲炉裏いろりそば すわ てしまいました

爺爺還沒答應之前,這位姑娘已經翻身進來到房子裡而馬上坐在地爐旁邊。


よく こと ない ような うつくしい むすめです。

爺爺仔細看覺得從來沒看過這麼漂亮的女生。